tsuchikulab

Tsuchikura Laboratory

本ブログの案内版

*本ブログは講義やゼミ活動に関するものです。 *記事が増えてきたため、案内板を作成しました。 *新しい記事は、この記事のつぎからになります。 ●講義について ================ 2019年度・春学期 =============== ・社会心理学1:こちら ・外書講読1A(…

小論課題の補足

批評について補足しておきます。まず、基本事項を佐藤(2006)から引用します。 大学で教師は、自分の意見をきちんともつこと、独創性、オリジナリティがあることを求める。これらは、批判的・論理的に思考することによって養われる。しばしば誤解があるのだ…

中等教育における学び

フランスで中等教育終了時に受験するバカロレアとそれに向けた学習について、中島(2016)から紹介します。 バカロレアの試験はすべてが論述式、そうでなければ口頭試問だ。日本の大学受験で主流の「a、b、c、dの中から正しい答えを選びなさい」というような…

演習1(2019年度)

演習1(2019年度)のページです。(2019/4/11;適宜更新) ■課題の提出先:こちら(PSは授業で伝えたものです) ■スケジュール 第2回:★1章:東方・小野 第3回:★2章:市川・舎川、◆1章:坂本、2章:高良 第4回:★3章:鈴木・吉澤、◆3章:木立・島崎 第5回:…

外書講読/外国書講読(2019年度)

外書講読(社会学)/外国書講読(英語)(2019年度)のページです。 (2019/4/11;適宜更新) ■シラバス:こちら ■課題の提出先:こちら(PSは授業で伝えたものです) ■スケジュール(4/11作成;5/23修正) 2章: 1 角田① 第4回(了) 2 各自読み、発表(了…

演習2(2019年度)

演習2(2019年度)のページです。(2019/4/10;適宜更新) ■課題の提出先:こちら(PSは授業で伝えたものです) ■文献購読の担当 ・1章・フィールドワーク:古川、竹島→5/8 ・2章・参与観察:北野、黒田→5/15 ・3章・生活史:杉田、西薗、林→5/22 ■研究発表…

社会心理学1(2019年度)

社会心理学1のページです(2019/4/10;適宜更新) *第1回のガイダンスに出席していない場合、下記受講上の注意を確認してください。 ---------- ■出席フォームと資料 第7回(5/29) 出席フォーム: 資料: 第8回(6/5) 出席フォーム: 資料: ---------- ■…

基礎演習(2019年度)

基礎演習(2019年度)のページです。(2019/4/09;適宜更新) ■課題の提出先:こちら(PSは授業で伝えたものです) ■講読のスケジュール ※ピンクが第6回(5/28)、水色が第7回(6/4)、オレンジが第8回前半(6/11) ■講読の担当(チーム順) A(中村・楢崎・…

演習1・2の説明会

■シラバス ・演習1:こちら ・演習2:こちら ■説明会の資料 ・パスワードは説明会でお知らせします。 drive.google.com ■説明会後に入力するフォーム 希望者(希望する可能性のあるかた)は必ず入力してください。入力によって、説明会に参加したことを確認…

何のために学ぶのか

社会心理学者のジョナサン・ハイトは、アメリカのポピュリズムのベースにある感情として、エリートへの怒りがあることを指摘します。また、他の国のポピュリズムにも共通することとして、エリートを信用できない、エリートは腐敗していると感じていることを…

2018年度の講義ページのまとめ

2018年度の講義が終了しました。講義に際してページを作成したものについて、リンクをまとめておきます。 前期 ・現代社会と心理学 こちら ・観光調査・研究法 こちら 後期 ・地域共創演習: こちら ・社会調査法: こちら ・コンピュータ演習1: こちら ・…

教育実習の経験に関する研究(YNU)(2018年度)

・YNUの集中講義で、「教育実習の経験」という大きなテーマのもと、チームごとにRQを設定し、インタビュー研究に取り組みました。 ・研究の成果をまとめたプレゼンテーションをアップします。5チームあります。一部授業で述べたことと重なりますが、コメント…

YNU集中講義(分析メモ)

各チームのRQと分析の方針(暫定版) A:実習生同士の関わりが、実習生活に与えるモチベーションはどのようなものか?・質問に対する回答をひとつの分析単位として、“実習生同士の関わり”と“モチベーション”にかかわるものを抽出した。※分析単位が大きくない…

引用の仕方の補足(例)

引用の仕方について、2018年度の「社会調査法」の記事の関連する部分を、改変して再掲します(もとはこちら) たとえば、レポートにつぎのような文章を書いたとします。 問いを立てるとはどういうことだろうか。一般的に調査の実施前に問いは明確になってい…

来るべきときのための備え

一見すると、「私たち」には関連がないと思われている、福祉や社会保障について、渡辺(2018)はつぎのように説明しています。 「人は誰しも齢をとります。そして、いつかは必ず病気をわずらって医者にかかったり、あるいは、他人のお世話になって生きていか…

卒業論文とゼミナール論文のタイトル(2018年度)

2018年度に提出された卒業論文のタイトルはつぎのとおりです。 人と人をつなぐコミュニティカフェ(Ko, Yu)※浜松市内のコミュニティカフェ3軒のフィールド調査と運営者のかた3名にたいするインタビュー研究 昨年度はこちら 卒業論文とゼミナール論文のタイ…

YNU集中講義(2018年度)

2019/02/12。適宜修正。 ■資料の配付 ダウンロードのパスワードは授業でお知らせします。 ・配布資料01(1日目):こちら(2/12のはじめにDLしてもらいます) ・配布資料02(3日目):こちら(2/13のさいごにはDLしておき、2/26の授業には印刷して持参してく…

デフォルトか場合わけか

何を明らかにしたいのか、また、どのように明らかにしたいのか、そして、何が明らかになっているという前提をおくかによって、どこに力点がおかれるかが異なります。 ・デフォルトがどのような状態なのかを記述する。/デフォルトの状態が見いだせないのであ…

プロセスのただなかで

喪われるものの輪郭はいつも鮮明である。これにたいして、出来するものはじつのところつねにあとづけで輪郭が引かれることになる。それは、じつは出来していた、というふりかえりにおいて、生成時にはあたかもすでに輪郭をともなっていたかのような認識とと…

認定心理士・資格申請の説明会(2018年度)(学内向け)

〇認定心理士について ・日本心理学会のウェブサイトから4(様式3)をダウンロードし、印刷して持参してください。 ・それ以外の様式は説明会では使いませんが、申請時には必要になります。 日本心理学会:http://www.psych.or.jp/qualification/documents_…

社会調査士・資格申請の説明会(2018年度)(学内向け)

1月23日(水)2限に実施する、社会調査士の資格申請の説明会に関する事項をまとめます。 ----------------------------- ■事前の準備 1)説明会までに行なっておくこと ・説明会においてスマホかPCでメールを閲覧できるように準備しておく。 ・成績証明書を…

大学教育の意味

“今いる大学に入学してよかったと思いますか?” 社会調査に関する授業で、受講者の一人が問おうとしたテーマです。実際に作成した質問項目の文言はこれとは異なりますが、このテーマについて、本学で実施した調査結果を分析しながら、思いをめぐらせました。…

『ヤシガラ椀の外へ』

タイトルはベネディクト・アンダーソン(1936-2015)が日本の読者向けに執筆した自伝から。 その説明を引いておきます。 「インドネシアやシャムには、「ヤシガラ椀の下のカエル」という諺がある。これらの国では、半分に割ったヤシガラをお椀として使う。こ…

アートはまちの漢方薬(熊倉,2014)

アートプロジェクトをどうとらえるかという問題について、熊倉(2014)から引用します。 アートプロジェクトは現在、アート関係者のみならず、社会そのものに関わるものとして注目を浴び始めている。・・・中略・・・社会的便益を有するものとしてさまざまな…

ゼミナール希望のペーパーの提出について

観光ツーリズム専攻の学生は、面談後、つぎの要領でペーパーを提出してください。 ●内容 ・「関心のあるテーマ・ゼミで取り組んでみたいこと」「将来の展望」の2点を説明してください。 ●形式 ・レポートのタイトルは、「ゼミナールの希望について」としてく…

レジュメの作成と発表

社会調査法の課題に限らず、ゼミで発表する際のやり方については遠山(2007)が参考になります。関連する部分の目次を紹介しておきます。ぜひ一度目を通してみてください。 ●レジュメの作成(技術編) ・レジュメの構成 ・言いたいことが伝わるレジュメを作…

教師の生涯発達研究の主なモデル(秋田,1999)

秋田(1999)は、生涯発達心理学の観点(山田,1995)を参考に、教師の生涯発達研究の主なモデルとしてつぎの4つを挙げている。 (モデルの名称) (そのモデルが主に研究してきた側面) ●成長・熟達モデル:特定の授業技能や学級経営技能・実践的な知識や思…

2つの承認

齋藤純一と宮本太郎の議論において、齋藤は他者の承認を2つにわける(pp.8-9)。 1)尊敬としての承認 ・他者を自律的な生を生きうる、その潜在性をそなえたものととらえる ・他者を自律的な存在者たり得るものとして尊敬する、という意味での承認 2)評価と…

質問紙調査の注意点の補足

●質問量について(林,1975) 「質問紙調査では、調査対象者に興味を持たせるよう働きかける面接者または調査員が介在しない場合が一般的だから、調査対象者が応答してくれるかどうかはその人の応答意欲にかかっている。質問量はこの応答意欲を直接的に左右…

仕事とやりがい(のなさ)

仕事のやりがいのなさについて、デヴィッド・グレーバー(2018)のインタビューからブルシット・ジョブの説明を引いておきます。 ブルシット・ジョブ(bullshit jobs)「あまりに意味を欠いたものであるために、もしくは、有害でさえあるために、その仕事に…

Copyright©2013- tsuchikulab All Rights Reserved.