読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tsuchikulab

Tsuchikura Laboratory

自由は霧のように

1.システムを導入させる

・必ずしも必要でない

・ローコストで提供する/当初は損失が多い

 

2.システムに依存するようにうながす

・利用すると便利なことに気づかせる

・・当初の知識・スキルは自ずと廃れる。廃れるのを後押しする

・システムを媒介としたつながりを作らせる★

 

3.システムの利用コストを上げる

・正当性を訴える

・・環境の変化

・利用を継続するのにかかるコストが、システムを放棄することで失う利得、代替しうるシステムに乗り換えるコストを上回らないようにする

 

*2と3をくり返す。長きにわたってくりかえされてきた営み。

当初は、人の幸せを願っていたはずなのに、いつの間にか目的はすり替わっている。

→双方の自由はどこで消えたのか。あるいは消えていないが、感じにくいだけなのか。

 

考えるポイント:

・この回路を抜け出るために、どんな行き方があるか?

・そもそも抜け出たいのか?

Copyright©2013- tsuchikulab All Rights Reserved.