tsuchikulab

Tsuchikura Laboratory

話し合いの進め方

●テーマ

・授業で説明します。

 

●グループ分け

・1回目:A、B、Cごとに話し合い(図1)

・2回目:1、2、3ごとに話し合い(図2)

・3回目:A、B、Cごとに話し合い(図1)

 

f:id:tsuchilab:20170622151714j:plain

図1.1回目のグループ

 

f:id:tsuchilab:20170622151719j:plain

図2.2回目のグループ

 

●話し合いの際の約束(香取・大川,2009,p.65より一部抜粋)

・問いに意識を集中して話し合いましょう。
・あなたの考えを積極的に話しましょう。
・話は短く、簡潔に。
・相手の話に耳を傾けましょう。
・アイディアをつなぎ合わせてみましょう。

 

●材料:模造紙、マジック

 

(文献)

香取一昭・大川恒 2009 ワールド・カフェをやろう―会話がつながり、世界がつながる,日本経済新聞出版社

研究法の課題(補足)

・持ち時間は20~30分程度

・独立変数、従属変数(、剰余変数の統制)がわかるように説明する

・各項目に割くスライドはつぎのようなイメージ

・・問題・目的:3~5枚 RQが伝わるようコンパクトにまとめる

・・方法:5~7枚 今回の課題の焦点はここ

・・結果:3~5枚  

・・考察:3枚程度

Copyright©2013- tsuchikulab All Rights Reserved.