tsuchikulab

Tsuchikura Laboratory

本ブログの案内版

*本ブログは講義やゼミ活動に関するものです。

*記事が増えてきたため、案内板を作成しました。

*新しい記事は、この記事のつぎからになります。

 

●講義について

================ 2019年度・春学期 ===============

社会心理学1:こちら

・外書講読1A(外国書講読):こちら

・基礎演習1:こちら

・演習1:こちら

・演習2:こちら

===============================================

 

*下記の折りたたみ(PC版のみ)以降には、過去の「ゼミ活動・卒業論文」「ゼミ以外の調査」「市民講座・サイエンスカフェ・ワークショップ」「過去の講義」「研究方法の資料」をまとめています。

*それ以外の過去の講義資料は、カテゴリー「講義資料」からご覧ください。

 

続きを読む

天気予報士の憂うつ、もしくは…

チャルディーニの『影響力の武器』から天気予報士にまつわるエピソードを3つ引用します。

1つ目

〔チャルディーニに電話がかかってきた;引用者注〕「先生、なぜ私が非難されなければならないんでしょうか?」その震えた電話の声の主は、ローカルテレビ局の天気予報官でした。(略)「(略)誰だって知っているんですよ、私はただ天気予報をしているだけで、天気を決めてるわけじゃないってことは。それなのに、天気が悪いと、どうして私が集中砲火を浴びなければならないんですかね?去年の洪水のときなんか、私は郵便が大嫌いになりましたよ。ある男は、雨が止まらなければお前を撃ち殺すと脅迫ですよ、なんてことです。私はそれ以来、自分の肩越しに後ろを振り返るんです。(略)彼らは、私に責任があるわけじゃないってことを知るべきなんです。(略)」(pp.299-300)

 2つ目

トム・ボナー、35歳。彼はアーカンソー州リトル・ロックのKARA-TVで11年間も予報を担当しているが、ロノクからやってきた無骨な農夫に会ったときのことを覚えている。農夫はバーでひどく酔っていたが、彼のところに寄って来てその胸に指を突きつけ「おまえは竜巻を起こして、俺の家を壊したやつらの仲間だろ……おまえの首をもぎ取ってやるからな」とすごんだという。/ボナーは店の用心棒を探したが、見つけることができず「竜巻のことはもっともだ。だけどな、もう一つ教えてやろう。もし、あんたが手を引っ込めなければ、もう一つ竜巻を送ってやるからな」と答えたという。(p.303) 

 3つ目

インディアナ州サウスペンドにあるWSBT-TVのチャック・ウィタカーは「小柄な老婦人が警察署に電話し、大雪を降らせた罪で〔天気〕予報官を逮捕させようとした」と語った。(p.303)

思うところもあるかもしれませんが、いちどそれは括弧にいれるとして、天気予報士以外に、どのようなことが考えられるでしょうか?

 

チャルディーニ,R. B.社会行動研究会訳 (2007).影響力の武器(第二版),誠信書房.(引用は第2版からですが、2014年に第3版が出ています)

小論課題の補足

批評について補足しておきます。まず、基本事項を佐藤(2006)から引用します。 

大学で教師は、自分の意見をきちんともつこと、独創性、オリジナリティがあることを求める。これらは、批判的・論理的に思考することによって養われる。しばしば誤解があるのだが、自分の意見をもつというのは、好きとか嫌いとか主観的で勝手な感想を述べることではない。オリジナリティといっても、ただ人を驚かすような突飛な発想を求められているわけではない。(中略)

自分の意見を述べる際には、その意見が一定の論理的根拠をもって他の人にも正しいと受け入れられることが求められている。(中略)

批判的・論理的思考は、本を批判的に読むことによって訓練される。本を批判的に読むというのは、むやみにあら探しをすることではない。そこで示される事実がきちんと検証できるのか、そこでの主張は論理的に正しいかということをじっくり考えながら読むということである。もととなっている資料を見ることができれば、自分の目で確かめて、同じテーマ、あるいは近いテーマで書かれた本と比較してみるのも、批判的読解の作業である。それらを行うことによって、もとのテキストの著者がどのような道をたどってその結論に至ったのかを追体験することができるし、そこから学ぶことも非常に多い。(p.71)

 

前提として、対象となるテキストを適切に読めていることが重要ですね。

 

さて、自分がまとめた主張について、以下のことを確認してみてください。

・主張は、テキストの内容を理解し、意図を汲んだうえで、なされているでしょうか?

・・テキストの内容をあえて拡大解釈したり、実際にはテキストが述べていないことを、あたかも述べているかのようにとらえたりして、わかりやすい「敵」にしてしまっていませんか?

→読者をミスリードしてしまいます。また、「わかっている」読み手には、書き手が信頼に足らないことを示すことになってしまいます。

・主張は、テキストよりも説得力をもつものになっていますか?(第三者に両方を提示したときに、より説得力があると評価してもらえそうですか?)

・・テキスト全体に否を突きつけるのは、もしかしたら楽に見えるかもしれません。(誤解しているかたもいるかもしれませんが、批評は、テキスト全体に逆らうこと、ではありません。)

・・それをいったんやめて、テキストの論理展開を追ったうえで、別の議論を展開する余地がある部分を見つけてみましょう。

・批評の相手が目の前にいても主張できる内容、そして表現方法でしょうか。できれば、その相手とのディスカッションが実りのあるものになるとよいですね。

 

佐藤望(編)(2006)アカデミック・スキルズ,慶應義塾大学出版会.

Copyright©2013- tsuchikulab All Rights Reserved.