tsuchikulab

Tsuchikura Laboratory

本ブログの案内版

*本ブログは講義やゼミ活動に関するものです。

*記事が増えてきたため、案内板を作成しました。

*新しい記事は、この記事のつぎからになります。

 

●講義について

========== 2018年度・後期==========

・社会調査法: こちら

・コンピュータ演習1: こちら

・コンピュータ演習2: こちら

統計学

・地域共創演習: こちら

・・演習(土倉クラス)の夏休みの課題の提出先: こちら (10月3日)

・特別講義:

・・特別講義(土倉クラス)の夏休みの課題の提出先: こちら (10月4日)

・・特別講義のテーマ4のプレゼンの提出先: こちら(11月1日の朝9時)

======================================== 

 

*以下の折りたたみ(PC版のみ)以降には、過去の「ゼミ活動・卒業論文」「市民講座・サイエンスカフェ・ワークショップ」「研究方法の資料」がまとめてあります。

*それ以外の過去の講義資料は、カテゴリー「講義資料」からご覧ください。

 

 

 ●凡例:

・「;」のあとに示されているワードはタグです。PC版の「カテゴリー」からタグをたどってご覧いただけます。

 
●ゼミ活動・卒業論文について

・2017年度;2017+ゼミⅡ

・・卒業論文こちら

・2016年度;2016+ゼミⅡ

・・卒業論文こちら

・2015年度;2015ゼミⅠ

・・卒業論文こちら

・2014年度;2014ゼミⅡ

・・卒業論文こちら

・2013年度;2013ゼミI、2013ゼミⅡ

・・卒業論文こちら

・2011年度;

・・卒業論文こちら

 

●ゼミ以外の調査

A:

・2016年度:AKB総選挙の得票数とツイート数の分析

・2015年度:ツイッターの内容分析、迷惑メールの内容分析、カードショップの分析、サイエンスカフェのフィールド観察

・2014年度:アマゾンのレビューの内容分析、サイエンスカフェのフィールド観察、エコアクションのアクションリサーチ

・2013年度:ゆるキャラの内容分析、サイエンスカフェのフィールド観察

・2012年度:テレビCMの内容分析、公民館講座のフィールド観察

・2011年度:テレビCMの内容分析

 

B:

・2017年度:コミュニティカフェのフィールド調査 

・2015年度:自撮りとSNSの関連の社会調査、女児向けアニメに熱中する成人のインタビュー調査 

 

●市民講座・サイエンスカフェ・ワークショップについて
・2016年度:つながりのワークショップ―自由に語ってひろがる世界(全9回);2016+演習Ⅱ+ゼミⅠ+ゼミⅡ

・・報告:1回、2回、3回4回5回6回7回8回9回
----------------------------------------
・2015年度:半歩先ゆく心理学―楽しく学んで語ろうサイエンスカフェ(全5回);2015演習Ⅱ、2015ゼミⅠ

・・報告:1回2回新聞記事出張3回4回5回新聞記事報告書 

----------------------------------------

・2014年度:意外と身近な心理学―楽しみながら学ぶサイエンスカフェ(全6回);2014ゼミⅡ

・・報告:概要1回2回3回4回5回6回報告書

----------------------------------------

 ・2013年度:心理学を語ろう!―大学生による心理学をテーマとしたサイエンスカフェ(全6回);2013主題演習

・・報告:1回-11回-22回-12回ー2、喫茶店1回2回3回4回報告書

----------------------------------------

・2012年度:科学っておもしろい!―日常に身近な実験や工作を通じて学ぶサイエンス講座(全3回);2012主題演習

・・報告:全体1回2回3回

 

●研究方法の資料

*以下の資料は、そのつど授業で使用するために作成したもので、つねに妥当なヒントになっているとはかぎりません。

 

■研究の概要
・レポート・論文の作成方法、文献の読みかた、引用のしかた こちら

・先行研究に学ぶ意義 こちら

・研究対象へのアプローチ こちら

・レジュメの作りかた こちら

・プレゼンテーションのやりかた こちら

・文献の読みかた(2) こちら


■インタビュー

・プロセスの把握 こちら

・語りかたへの注目 こちら

・インフォーマントの数 こちら

・インタビュー研究の方法の記述 こちら(記事の後半)

・インタビューデータの分析の試行錯誤のヒント こちら こちら

■フィールドワーク

・構え こちら こちら

・勢いをとらえる(ことの困難) こちら

  

■内容分析
・分析手続きの一例 こちら

 

■心理尺度
・参考資料 こちら

 

(2018/09/07作成;適宜加筆修正)

Copyright©2013- tsuchikulab All Rights Reserved.