tsuchikulab

Tsuchikura Laboratory

2020

教育実習の経験に関する研究(YNU)(2020年度)

・YNUの集中講義で、「教育実習の経験」というテーマでインタビュー研究に取り組みました。 ・今年は、授業もオンライン、インタビューもオンラインという難しい状況での挑戦となりました。 ・特にデータ分析はExcelのシートをオンラインで共有しながら行な…

2020年度のゼミ活動(演習1)

2020年度は演習1でつぎの活動にチャレンジしました。 政策を立案してみよう:こちら 愛を語れ!! ~あなたのお気に入りの一作は何ですか~:こちら、こちら(成果報告) 参加してくださったみなさま、企画の準備に協力してくださったみなさまに御礼申し上げ…

卒業論文とゼミナール論文のタイトル(2020年度)

2020年度に提出された卒業論文のタイトルはつぎのとおりです。 個を重視した教育のどのような点がいじめ問題に効果的か(Ki, Ta)こちら 青年期のライフスタイルにおいて趣味はどう影響を与えているのか ―アイドルファンの状況的学習の観点から―(Ku, E) こ…

卒業論文を提出しました。(杉田充)

昨年トロントでの短期留学にて、一部の参加学生の方々に、日記を用いた研究調査にご協力をいただきました。87日間にもわたる調査にご協力いただき、この度卒業論文の提出をすることができました。 提出した卒業論文のタイトルは「新しい生活への適応〜短期…

卒業論文の調査のご報告とご協力に対する御礼(Ki, Ta)

2020年度土倉ゼミナール生です。 私は、「個を重視した教育のどのような点がいじめ問題に効果的か」というタイトルで卒業論文を書かせていただきました。学校教育といじめの関係に焦点を当て、学校の先生方にインタビュー調査を行いました。この度インタビュ…

卒業論文のご報告と調査協力への御礼(Ku, E)

2020年度土倉ゼミナール生です。 私は「青年期のライフスタイルにおいて趣味はどう影響を与えているのか―アイドルファンの状況的学習の観点から―」というテーマで研究を行いました。 この研究では、青年期の趣味活動、とりわけ自分自身の趣味でもある「アイ…

オンラインイベント 「愛を語れ!!~あなたのお気に入りの一作は何ですか~」 終了のお知らせ

この記事は、2020年12月19日土曜日に開催した、土倉ゼミ2年生主催のオンラインイベント「愛を語れ!!~あなたのお気に入りの一作は何ですか~」についての内容となっております。そのイベントが、4人の参加者の方々に集まっていただいたおかげで、先日無事…

意味を発揮する文脈

ある言葉が意味を発揮する文脈をさがすことを考えたときに、ヒントになりそうな議論を参照する。 アレクサンドル・ルリヤは、頭部外傷を受けたザシェツキーの記録をまとめている。ザシェツキーは空間認知の問題、言葉の認識の問題、言葉を思い出せない問題な…

陰とやさしさ

私達が関心を寄せる人間関係の周囲を照らすために、臨床心理学者の河合隼雄が記した「大人の友情」からいくつか引いてみる。重なる部分、重ならない部分を考えてみたい。 「友情を支えているものは何だろう。直接的な実利のある関係は大切ではあるが、友人関…

対話性と目的―開かれた対話をヒントに

引きつづき、セイックラら(セイックラ・アーンキル,2019)の議論を参考にしてみましょう。 くり返しになりますが、私たちの対象と彼らの対象は異なっています。つまり、以降の議論は精神疾患の治療/回復に関する議論ではありません。しかし、人を対象とし…

オープンダイアローグの視点から

・セイックラらによるオープンダイアローグの考えは、私たちとはその対象が大きく異なるものの、考え方においては重なる部分がありそうです。 ・斎藤(2015)よりSeikkula & Olson(2003)の概要を要約します。 ・オープンダイアローグを支える理論には2つのレ…

愛を語れ!! ~あなたのお気に入りの一作は何ですか~(オンラインイベント開催のお知らせ)

※以下のイベントは終了しました※ こんにちは!私たちは法政大学社会学部の土倉ゼミの2年生です!この度はアクセスしていただきありがとうございます。 この記事は、私たち土倉ゼミが主催する「愛を語れ!!〜あなたのお気に入りの一作は何ですか〜」というオ…

学校教育といじめの関連についてのアンケートに関するお願い

・ゼミ生の北野さんが学校の先生を対象にアンケートを実施しています。 ・ご多用のことと思いますが、もしよろしければご協力ください。 ・協力をお願いしたい対象を小・中学校の先生に限定しています。そのため、URLは一般には公開せず、先生づてで協力をお…

政策を立案してみよう~オンラインイベント開催のお知らせ~

※本イベントの参加者募集は終了しています※ こんにちは!私たちは法政大学社会学部の土倉ゼミです。この度は、アクセスしていただき、ありがとうございます。 この記事は、私たち土倉ゼミが主催する「政策を立案してみよう」というオンラインイベント企画に…

結節点としてのそれ

その筋で進める場合、どうなるかを共時的に考えてみよう。 ・さまざまな要素の結節点としてある人が存在する →結節点となったのがたまたまその人であったに過ぎない;「罪を憎んで人を憎まず」 ・さまざまな心理の結節点としてある発話が存在する →結節点と…

授業でのZoomの利用方法について

*土倉が担当する授業(ゼミを除きます)におけるZoomの利用方法について記します。 *Zoomの利用に慣れていない方は一読してください。 ◆前提 ・オンラインで実施する授業の場合、Zoomというアプリケーションを使用します。 ・Zoomは複数人でオンライン会議…

社会心理学2(2020年度)

社会心理学2(2020年度)のページです。(2020/9/15;適宜更新) ・授業資料は、学習支援システムにアップします。 ■Zoomの利用について ・ZoomのミーティングIDとパスコードは学習支援システムの「お知らせ」に示しています。 ・Zoomを利用したことのない方…

人間・社会論(2020年度)

人間・社会論(2020年度)のページです。(2020/9/15;適宜更新) ・授業資料は学習支援システムにアップします。 ■Zoomの利用について ・ZoomのミーティングIDとパスコードは学習支援システムの「お知らせ」に示しています。 ・Zoomを利用したことのない方…

演習1(2020年度)秋

演習1(2020年度)(秋学期)のページです。(2020/9/15;適宜更新) ■スケジュール ・第1回(9/24):ガイダンス、議事録・伊藤(1) ・第2回(10/1):議事録・王(1) ・第3回(10/8):議事録・楢崎(1)(瀬合は司会につき免除) ・第4回(10/15):議…

演習2(2020年度)秋

演習2(2020年度)(秋学期)のページです。(2020/9/15;適宜更新) ■発表予定 ・第1回(9/23):ガイダンス ・第2回(9/30):個人研究(1:風間、2:坂本、3:東方、4:藤原) ・第3回(10/7):個人研究(5:高良、6:木立、7:石井)、文献講読(1:風…

演習3(2020年度)秋

演習3(2020年度)(秋学期)のページです。(2020/09/15;適宜更新) ■発表予定 ・第1回(9/22):ガイダンス ・第2回(9/29):1:杉田(1) ・第3回(10/6):2:林(1)、3:北野(1)、5:黒田(1) ・第4回(10/13):4:竹島(1)、6:古川(1)、2:…

2020年度の講義ページのまとめ

秋学期分を追加します。(2021/02/11) ================ 2020年度・秋学期 =============== ・社会心理学2:こちら ・人間・社会論:こちら ・演習1:こちら ・演習2:こちら ・演習3:こちら ・YNU集中:こちら =========================================…

ゼミ研究発表会のスケジュール(2020年度)

ゼミ研究発表会のスケジュール ゼミ研究発表会 ・日時:2020年7月30日(木) 13:00~ ・持ち時間:20分(発表10分、質疑応答10分) ・一鈴7分、二鈴10分、三鈴20分

元も子もない例

架空の例で考えてみます。 ・オンラインバンクでの振り込め詐欺が問題となり、対策をとることが必要になった。 ・入金の手続きを煩雑にするという対策をとった。(それがねらいではないとは言え、結果的にはそう表現しうる対策ということです。) ・結果的に…

なぜ先行研究を読むのか

◇研究が進まない・・・ ・ゼミで自分の研究を発表するために、文献(先行研究)を読んでいたはずが、いつの間にか文献を調べること、読むことがが目的のようになってしまうことがあります。 ・文献を読むことが目的化してしまい、結局、なかなか研究が進まな…

研究テーマを考える手がかり

◇「その現象それ自体に関心がある」のか、「その現象のメカニズムに関心がある」のか 例)「満員電車はどうしてこんなにも不快なのだろう?」ということが気になり、これについて知りたいと思った。このとき少なくとも2つの方向性がある。 1:満員電車が不快…

Excelの分析ツール

・分析ツールを初めて利用する際の手続きを書いておきます。 ・Excelのバージョンによって手続きが異なるかもしれません。その際は別途検索してみてください(たとえば、キーワードに「分析ツール」「アドイン」「Excel XXXX」などと入れて。XXXXはバージョ…

行動を説明する4つのアプローチ

ある行動がなぜ存在するのかを説明する4つの要因を長谷川(2009,p.12)から引いておきます。 ・至近要因:その行動は、どのような直接のメカニズムによって引き起こされるのか ・発達要因:その行動は、個体の成長と発達の過程でどのようにして完成されてき…

自然淘汰の基本条件

まず、自然淘汰(自然選択)の基本条件を、長谷川・長谷川(2000,pp.25-26)から引用します。 (1)生物には、生き残るよりも多くの子が生まれる。 (2)生物の個体には、同じ種に属していても、さまざまな変異が見られる。 (3)変異の中には、生存や繁殖…

ケリーについて

G. A. KellyとH. H. Kelleyの2人のケリー George A. Kelly(1905-1967) ・パーソナルコンストラクトのケリー Harold H. Kelley(1921-2003) ・共変原理で知られる、レヴィンとともに研究をしたケリー ・レヴィンについてまとめたマロー(1972)から、ケリ…

Copyright©2013- tsuchikulab All Rights Reserved.